ページの先頭です
ここから本文です

LOVE!クリーニング(スタッフブログ)

2015年12月10日 | クリーニング屋さんのアイロン

0

クリーニング後の衣類は、ピシっとしてとても気持ちが良いですよね^^
そんなクリーニングの仕上がりは、スタッフの技術はもちろんクリーニング屋さんならではの機械や道具のチカラによって支えられています。

 

今回は、“クリーニング屋さんのアイロン”を紹介します。

1

 

 

家庭用のアイロンは高温で180℃~210℃まで上がります。
しかしクリーニング屋さんのアイロンは120~130℃の蒸気を出します。
鉄板が熱くなるわけではなく蒸気で仕上げるため、衣類を焦がしてしまうこともありません。
また、150~160℃で溶け始めてしまうポリエステル製の衣類も安心してアイロンがけをすることができます。

2

 

 

ピシッと仕上げたい時にはこのアイロンで仕上げ、ふわっと仕上げる場合は人体型仕上げ機などで仕上げます。

このようにエブリのクリーニングは、衣類の素材や形状、お客様の好みによって使用する機械や道具を変え、1着1着に合った方法で丁寧に仕上げています。

3