ページの先頭です
ここから本文です

LOVE!クリーニング(スタッフブログ)

2019年02月5日 | 洗濯はお湯を使うのが効果的!!

昨日は立春でしたね。

私事ですが母と妹の誕生日でしたので、

実家に帰ってお祝いしてきました。

(2人は同じ誕生日なんです)

 

急に暖かくなり、

暦の上でも春になりましたが、

まだまだ寒い天気が戻ってきそうです。

 

先週は寒くて寒くて、

水道の水が冷たすぎませんでしたか?

手に痛みが走るほど耐えられないくらい冷たくて毎日戦っております。

3cfceb74627a93bc54fb737f1d0aa451_s

そんな寒い時期は、洗濯の水温にも注意が必要です。

実は、洗濯の水温が低いと、洗浄力が低下してしまうんです。

同じ洗濯洗剤や、洗濯機を使っていても、

洗濯の水温で汚れ落ちに差が出るというのは、実験で証明されています。

 

では、何度くらいの水を使うのが適当なのでしょうか?


まず、水温が低いと洗剤がしっかり溶けません。

洗剤は、水温が高ければ高いほど溶けやすくなります。
洗剤の溶け残りを防ぐためにも、

冷たい水ではなく少し温かい水で洗濯をすることをおススメします。

  d77a57ad4051d13f4133258085719ced_s

洗剤は、20度以上の水温が1番溶けやすいということがわかっています。

そして、洗剤に含まれる酵素が1番活発に働く温度が37度なんです。

一般的に、油汚れが落ちやすい温度は、40度から60度と言われています。

しかし、あまり熱い水を使うと衣類の生地を傷めたり、色移りする可能性が高まります。

なので普段のお洗濯での理想的な水温は、20度から40度くらいということになります。

 

我が家では、

お風呂の残り湯を洗濯に活用しています。

お湯も温かく、節水にもつながり一石二鳥ですよ。

 

最近では、

設定で洗濯水をお湯にできる洗濯機も増えているそうです。

すごいですよね。

a05765fd954b18c9a236ff32c13ee3cf_s

他にも、熱いお湯を洗面器一杯分だけ洗濯機に足してみたりと、

洗濯水の温度を自分で調整する方法もあります。


寒い冬、洗濯のちょっとした工夫で、汚れ落ちに差が出ます。

コチラでご紹介した水温の話を頭の片隅において、

毎日の洗濯に役立ててくださいね。


洗濯にお湯を使う際は、

洗濯表示をしっかりご確認の上、行うようにしてください